冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 by清少納言

現代語訳:冬は早朝(が良い)。雪が降った朝は言うまでもなく、(降りた)霜がとても白いときも、またそうでなくてもとても寒いときに、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。 via: 枕草子『春はあけぼの』

ウェルカム

こんにちは、2018年になりました。インターネット(の面白い部分)好き女性annakaです。ネットでの目標は愛情のもてるページを作ることです。 基本、文章を書くのが好きなので、たまに思い立って長文を書いています。月5.9回平均で何かかんかアップしています。
プロフィール兼ブログのabout)
今年もまたよろしくお願いいたします。

 

インデックス マークは直近の更新日